成長期に必要な「おやつの話」 甘いものだけじゃない、栄養の摂れるおやつ!

おやつ=甘いものから脱したい

おやつは子どもも大人も楽しみな時間。

なんたって魅惑的な甘いものが食べられるから。

私も大好きでした←過去形!

お昼ごはん終わると3時が待ち遠しかったですね・・

(食後すぐにこの状態、その理由もちゃんとある・・)

おやつはそもそも胃袋の小さい子どもが一食の食事で食べきれない分の「補充=補食」としての位置づけも大きかったわけ。

食後3-4時間でお腹が空くし、小さい子はエネルギーも維持できないし、大事な血糖値も維持できないから食事と食事の間におやつを食べるのは理にかなってるのです。

ただ、食べるのに何でもいいか、といえばさすがに甘いものずくしにしないほうがいい。

なぜなら成長期には私達が思っている以上にたくさんの栄養が必要だから、それを補う目的も忘れるととても残念・・・

甘いものだと血糖値のコントロールが未熟な子どもは特に不安定になりやすいし。

夕方だと特にメンタルにも影響が出るんですよ・・

ここに詳しく書いてます

『甘いものでキレやすくなる 何故甘いものはよくないのか? 血糖値の乱高下が怖い』  

甘いものでキレやすくなる 何故甘いものはよくないのか? 血糖値の乱高下が怖い 
これも甘いもの 巷に溢れる甘いもの 甘いもの、と認識してないだけで結構あります 飴、チューレット、ガム、チョコレート、ラムネなどのタブレットタイプの清涼菓子、クッキー類、おせんべい類、ポテトチップスなどのスナック菓子 ジュース(野菜や果物ジュース含む)、コーラなどの清涼飲料水、乳酸菌飲料 もちろんケーキやおまんじゅう、お団子 パフェ類、スムージーなどなど 甘いものを食べてキレやすくなる・・・何故甘いものはよくないのか 甘いものが悪いわけないでしょ? 脳には甘いものが必要よね? 甘いものは体に必要なんでしょ? 実際に私がクライアントさんや友人・家族に言われたことです

なのでおやつ=甘いものから脱したいのです。

ゴマをつけて焼いた鶏のささみスティックが大好評でした!

昨日、鶏のささみにゴマを一杯くっつけて焼いた「ささみスティック」がFacebookで大好評でした。

これね!

ささみ❤《女性の健やかな一生をサポートする食のアドバイザー》ふじもとひろみです。   今日はこれ!たまにすごく食べたくなるので、頑張って作りました。ささみ1枚を、大きさに合わせて2から4等分して塩をして下味を付けてから、全体にごま…

ふじもと ひろみさんの投稿 2018年8月23日木曜日

実はとても簡単。ささみが安売りの時が狙い目です!

手でそのままパクッとたべられるのがいい!

ささみを大きさに合わせて2-4等分してお好きな下味を付けてからゴマをたっぷりひっつけます。

そのままでもいいのですが、焼くのに時間が掛かるのとゴマが少なくなるのでおいしさ追求のためにも何本かに切り分けた方がいいです。

そしてフライパンでこんがり香ばしく焼けば終わり!

冷めても美味しいのでおやつにもお弁当にもぴったり。

コメントにもありますが、ししゃもでやったり3枚に下ろしたサバの干物に付けて焼いても美味しいです。

ゴマ好きにはたまらないですね~

下味も醤油・ニンニク醤油にしたりカレーパウダーを付けたり、ペースト状にした塩レモンや塩麹などにつけ込んでもいいしバリエーションは一杯出来そうですよ~

簡単なのでお子さんと一緒に作ってホットプレートでワイワイ焼きながらおやつの時間でもいいですね!

そしてありがたいことに学童のおやつのコミュニティをされている方からのお誘いでグループに参加させて頂きました。

学童の指導員の方々が毎日工夫されて子ども達の「おやつ」を作られています。
とってもすてきなので是非のぞいてみてくださいね!

「学童のおやつ」

https://www.facebook.com/gakudouoyatsu/

お声を掛けていただいた管理人さんは
「どうしても甘いものが多くなるのでさりげなくタンパク質を紹介したい」

とのことで記事もシェアして頂きました。

ありがたいーーー

このグループに栄養たっぷりおやつ=補食も載せていきますので気になる方は是非チェックしてくださいね!

子どもの成長期のおやつ、ってとても重要なんです。

学童期は食べる量も多いし、活動量も多い。

学校が終わったらいつもお腹ペコペコだった自分の子ども時代を思い出します。

なので甘いおやつはほどほどにして是非、

『一食の軽い食事=補食と捉えてのおやつ』をご家庭でもご用意くださいね。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする