生理が止まっても大丈夫と言う考え方-私がマクロビを勧めない訳 5-9

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生理が止まるという異常事態

有経の女性にとって、生理不順、生理が止まる、何ヶ月も1年、2年もないと言うのは非常事態であり異常事態だ。

生理が止まってしまう理由は色々ある。強いストレス・貧血・思春期における発達途中による不順・過激なダイエットによる栄養欠損、間違った食生活による栄養欠損も当然含まれる。

ホルモン異常、子宮や卵巣などの機能の異常を伴うけれど、栄養に関する影響が実は非常に大きい。何故なら子宮の内膜の形成・ホルモンの生成と分泌・卵巣の成熟と排卵などなど、それらの機能に関わる事すべてに栄養が関係している。

一番必要な栄養素はここでもたんぱく質。内膜・血液・ホルモン等々の形成にはその材料であるたんぱく質が不足していては、正常に形成・分泌はされないのだ。

マクロビ開始後、生理が止まることがある・・・

私の知り合いで栄養療法のカウンセラーをしていらっしゃる方がいる。その方の担当患者さんの中にマクロビに取り組んで体調が悪くなったり、生理が止まってしまったままの方がいらしたという。

栄養療法に取り組みだして止まっていた生理が再開したという人は沢山いるけれど、止まった人はいない。栄養が体に入っていくことで、本来の体の機能が再び正常に働き出すからだ。

つまり正常な体の機能にはたんぱく質やビタミン、ミネラル類という材料が必要なのだ。

私はマクロビの本をわずか2冊だけだけれど、読んだ両方に「マクロビを始めてから生理が止まる人がいる」という記述を見て非常に驚いた。

以下、一部を引用する。

月経で苦しんでいる人の場合、標準食を始めると、一時的に生理がストップすることがあります。でも、心配しないでください。数ヶ月するとちゃんと生理が始まります。しかも、それは順調なサイクルになるのです。生理痛のひどい人の場合は大体が二、三ヵ月で痛みが消えていきます。

女性の体にとって、食事の陰陽は特に重要なのです。

ですから、標準食をこころがけていけば自然にバランスが取れるようになり、健康になっていくということです。
『久司道夫のマクロビオティック入門編』久司道夫著より引用

女性で生理が止まるのも、3ヵ月から半年くらい。それ以上かかる人もいますが、半年以上かかるようでしたら、食事が陽性すぎないか気を付ける必要があります。調理法や素材のバランスを学んで下さい。特に満月の前には塩気を減らすこと。

また、もし今まで長く薬品による治療などをしてきた方は、引用のバランスがとれた食事をしていても、1~2年、痩せたままだったり、生理が止まることがあります。薬品は食品より強い陰か陽性なので、その余剰は、食べ物より排出に時間がかかるのです。

『本当は怖い低血糖症 マクロビオティックで現代の病を治す』奥津典子著より引用

栄養療法で摂る栄養の筆頭にたんぱく質がある、と書いたけれど肉も魚も卵、乳製品、豆類などが入るのはご存じの通り。

けれどマクロビでは肉を中心に卵も乳製品も極陽性のため、摂らないか摂ってもごく少量、陰性の食材と一緒に食べる、とされている。極陽性の食材をとると陰陽のバランスが崩れて具合が悪くなる、と言うのだ。

全く反対とも言える食事方法。

けれど何ヶ月も生理が止まってしまうと言うのは、人間の体にとって非常にダメージがあるのを知って欲しい。「いずれ元に戻る」、「また始まるから大丈夫」という単純なものではない。

ホルモンの分泌や働きは私達が思っている以上に非常に繊細で多岐に渡って子宮や卵巣だけでなく機能し影響しているからだ。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする