インフルワクチン狂想曲3-4・・・接種してもたんぱく質不足の人は・・ 抗体を作るのに大切な栄養素

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

抗体を作るのに大切な栄養素

ワクチンを打っても抗体が出来るまで約1ヵ月かかる、と昨日書いた。

それは目安であって、人によっては出来ない事もあり得るのだと言う。

何故ならその人の健康状態、栄養状態に大きく影響するからだ。

抗体を作るのに一番必要な栄養素は「たんぱく質」

ワクチンが体内に入り抗体を作る時、たんぱく質を使って抗体を作る。

ちょっと難しくて私自身聞きかじりの、未消化のまま書くと、『免疫グロブリンというたんぱく質がBリンパ球(白血球の一種)により作られる』、のだそうだ。この抗体がIgG抗体。

IgGと聞くと「遅延型アレルギー」の事を思い出し、我が子がLGSの時散々苦しめられ、苦労したアレルギー抗体でもある。

このIgG抗体が血中に存在し、インフルエンザウィルスが体内に入ってきたとき戦ってくれる、という物。

そして感染し(昨日も書いたけれど、ワクチンを打っているからと言って感染しないわけではない)、粘膜で働く抗体、IgA抗体が働いて、喉、鼻、気道、気管支などの粘膜で戦ってくれて、重症化せずに治る、と言う仕組みなのだそうだ。

もっと詳しいシステムがあるのだけれど、勉強不足で正確に書けないのが残念だ。ご興味のある方は是非ネットで調べて下さい。

免疫グロブリンにしても白血球にしても、マイクロファージなどにしても、その材料はたんぱく質。

体内に十分なたんぱく質かないとこれらが十分生成されないのだ。

十分生成されないとインフルエンザウィルスと戦う抗体も出来ない、と言うこと。

成長期で栄養が足りない子どもや食欲や消化能力が落ちてきた高齢者は、たんぱく質不足のためなかなか抗体が出来にくいし、ともすれば(あまりないそうだけれど)思わぬ副作用が出ることもあるという。

ついでに書くと粘膜で働くIgA抗体を十分作り出すのには、アミノ酸の一種である「グルタミン」と「ビタミンA」が必要だそうだ。

このIgA抗体、清潔すぎる現代人には栄養不足と共になかなか出来ないそうだ。昔、昔、子どもでよく「青っぱな」を垂らしているのが多かったけれど、あの青っぱなこそが細菌やウィルスと戦った後の産物、つまりIgA抗体がそれらと戦った残骸なのだそうだ。昔の子どもはそこそこ清潔な環境でたくましく抵抗力を付けていた訳・・・

咳をした後の黄味を帯びた「たん」も戦った残骸なのだそうだ。

鼻水にしろたんにしろ現代人の様な透明でサラサラしたものはしっかりとしたIgA抗体が出来ていない物、とも言えるのだとか。

青っぱなこそがIgA抗体が立派に働いた証なのだという・・でも、バッチィ感はぬぐえませんが・・・

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする