ちょっと待って!! 『妊娠前、妊娠初期に大切な葉酸摂取』 摂取するのは慎重に

二分脊椎を予防するために

先日、テレビで葉酸の事をやっていたそうで観た方も多いかも知れません。

そしてこんな記事が新聞に載りました

妊娠前から葉酸摂取を 赤ちゃんの「二分脊椎症」予防に効果

https://goo.gl/oJErWG

葉酸に関する厚生労働省の研究班の代表を務めた熱田リハビリテーション病院(名古屋市)の近藤厚生(あつお)医師は「母子手帳に葉酸の情報が掲載されているが、手帳を受け取る時期から摂取しても遅い。

妊娠を希望する人は妊娠する前から葉酸の摂取を始めるべきだ」と指摘する。近藤医師によると、一九九一年に発表された英国の研究では、葉酸のサプリメントを摂取することで、二分脊椎症を含む「神経管閉鎖障害」の72%を予防できたことが判明した。

葉酸は、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜や果物、レバーなどに含まれるビタミンBの一種。神経管がつくられるのは妊娠六週ごろまでで、予防のためには、妊娠一カ月前から妊娠三カ月まで、一日〇・四ミリグラムを摂取することが望ましいという。

ここで何が問題か、というと・・

葉酸って、実は種類があって、食物に含まれて副作用もなく吸収のいい『Folate』というのと体の中では利用にくい形の『Folic acid』というのがあります

普段私は『食事で摂れない量の部分は是非(医療用の)サプリメントで』とお伝えしたりここでも書いています

ですが、葉酸に限っては今日本で発売されている『葉酸』というサプリメントは『Folic acid』といって代謝も吸収もされにくい上、人によっては副作用の出る形のサプリメントなのです

しかも市販の葉酸サプリメントの含有量は実は微々たるもので、必要量の100分の1にしか入っていません

これではわざわざお金を出して買って副作用の危険まであってしかも効果を上げるだけの量がないのでは本末転倒ですよね?

なのでここはサプリメントではなくて食事から摂って欲しいのです

葉酸  葉っぱの酸、と書くように野菜の葉っぱに多く含まれます なので普段からしっかり特に葉野菜など(ほうれん草・小松菜・ブロッコリー等々)を食べる事が大事です

そして意外なのが実はに多く含まれています

引用した新聞記事にもちょこっと書いてありますが、肉の中でも『レバー』に多く含まれます

是非、野菜も肉もたっぷり摂って二分脊椎の予防をして下さい

妊娠に気がついた時ではちょっと遅いことも

二分脊椎が発生する時期は妊娠のごくごく初期

つわりが出始める頃だとちょっと遅い・・

すでに出来上がっていることが多いのです

なので『妊娠を希望する人は少なくとも2-3ヵ月前』と言われていますが、私はもっと前から意識して野菜やお肉を摂ってよりよい妊娠に向けて準備して欲しいと思っています

ほんとは妊娠する2-3年前から体を整えると妊婦さんも赤ちゃんもとてもいい状態で過ごせますし産後も楽です

そして葉酸は妊娠前、と妊娠初期だけでなく、妊娠期間中、やっぱり必要な栄養素なので引き続き摂って頂きたいです

今後、新聞にあるように署名が進んで欧米のように穀物に添加されるかも知れませんが、これもたぶん『Folic acid』(=代謝しにくい・副作用が出やすいタイプ)ではないかと思います

是非、妊娠を考えている方は特に妊娠する少なくとも半年くらい前から意識して食べたい食材ですので毎日取り入れて下さいね

食材に含まれる葉酸量が出ているサイトがありましたので載せます

葉酸の多い食品
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/folic_acid.html

~セミナーのお知らせ~

2月20日火曜日  京都で

《誰も教えてくれない、本当の離乳食の話》 


↑このタイトルをクリックしても申込みリンクに飛びます

2/20 13:30〜16:30
京の食文化ミュージアム あじわい館座学と離乳食を実際に調理したものを試食して頂けます

申込みリンクはこちらです

https://goo.gl/xjQu49

お席も埋まって来ました  お早めに

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする