たんぱく質を摂ることに慣れたら、プロティンスコアも気にしてみる6-

SONY DSC

非必須アミノ酸もお勉強

  • システィン
  • 傷の治癒の促進。
  • ブドウ糖の代謝
  • 皮膚へのメラニン色素の沈着を防ぐ
  • 解毒作用に関係する。
  • タウリンの前駆体。
  • アラニン
    • 脂肪の燃焼に関与。
    • アルコール代謝に利用。
    • 体に必要な糖を合成する材料。
    • もっともエネルギー源として利用されやすい。
  • アスパラギン酸
    • 体内の老廃物の処理、肝機能の促進。
    • 有害物質を体外に排泄し神経を守る効果。
  • グルタミン酸
    • 脳の働きを高める。
    • 潰瘍の治癒を早める。
  • グリシン
    • 保湿作用、制菌作用、キレート作用、酸化防止作用。
    • 筋肉の収縮に深く関わっているクリアチンの母体。
    • 生体内の主な抗酸化物質であるグルタチオンの構成成分。
  • プロリン
    • 脂肪の燃焼に関与。
    • コラーゲンの合成・促進に関与。
  • セリン
    • 天然保湿因子の主成分で皮膚の潤いを保つ。
    • グリシンとスレオニンから生合成される。
  • アルギニン
    • 成長ホルモンの分泌に大きく関与。
    • 体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに効果がある。
    • グルタミン酸から体内生成されるが子どもは十分合成できないため、食事から摂る必要がある。(子どもにとっては必須アミノ酸)
  • アスパラギン
    • 加水分解されるとアスパラギン酸に変化する。
  • グルタミン
    • 筋肉のたんぱく質合成を補助する。
    • 腸管のエネルギー源。
    • 消化管(粘膜)の維持。
    • 免疫能の維持改善。傷の修復を促進。
    • ストレスが多いと消費量が増える。
  • チロシン
    • 甲状腺ホルモンや、皮膚や髪の黒色色素であるメラニンの前駆体。
    • 神経伝達物質であるアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーバーミンを生成する原料・前駆体。
表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする