「キレる」・血糖値の変動が関わっていると誰が思う?

「キレる」構造を研究へ

文科省~毎日新聞ネット版より

おとといネット版の毎日新聞にこの記事が載った。

低血糖症の事や血糖値の変動がどんな影響を及ぼすかをご存じの方なら、この「キレる」という状態が原因だと言うことが理解出来るだろう。

文科省は今年度から5年計画で始めた脳科学研究戦略推進プログラムを拡充し、予算(今年度の)の17億円から倍増以上の重点投資をする予定だという。

毎日新聞ネット版8月19日より一部引用

引きこもりや「キレる若者」など対人関係の不適応が問題化していることを受け、文部科学省は来年度から、人間の社会行動やコミュニケーションに関係する脳の機能や構造を特定する研究に乗り出す方針を固めた。脳のある部位の変化や個人的特徴が、行動などにどのような影響を与えるかを示す指標を作り、問題行動や社会性障害の予防や治療につなげることを目指す。

17億円の倍額という事は34億円以上をかけて、文科省がテーマを設定し公募で研究者を選んでこの研究を進めていくというのだ。

脳のメカニズムが・・脳の機能や構造を特定する・・脳のある部位の変化や個人的特徴・・・などを研究し、行動などにどのように影響するのかとか問題行動や社会性障害の予防や治療につなげる事を目指す、と言う。

血糖値の変動が根底にある以上、脳のメカニズムや構造を調べて、どの程度解明できるのだろうか? 私は全くの素人だし、こんな事を書くのも勇気がいるが、例え解明されたとしても随分遠回りの様な気がしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「キレる」に血糖値の変動が関わっている!

以下のことは誤解のないように書くけれど、低血糖症の人がすべてこのような状態や症状になるのでは決してない事をまずお断りして読んで頂きたい。

低血糖症の人が感じている、気分の揺れ・不安感・恐怖感・イライラ・気分の落ち込み・うつうつとした気分・他人が怖い・人混みが怖い、苦手・などなど、すべて書ききれないがすべて血糖値の変動からくるものだ。

これらの症状はごく一部でまだあるし、体の不調も同時にある人もいる。(誤解のないように再度書くが、この低血糖症は人によって程度も様々、実に色々な症状を伴う)

そしてちょっとのことでキレて暴言を吐く・暴れる・物を投げる・壊す・人を傷つける・殺す・・

これらも悲しいけれど急激な血糖値の変動で起こる体内でのアドレナリン・ノルアドレナリン・コルチゾールなどの種々のホルモンが原因の多くに関わっている、というのは世界的には日本より認知されている。

特に食事との関係が深く砂糖やブドウ糖類のとりすぎ・精製された炭水化物(糖質)のとりすぎで野菜やたんぱく質となる(例・肉や魚・卵など)きちんとした食事を食べていない人に多く見られる、と言う食原性低血糖症が関わっている可能性も大きい。

また特に小さなトラブルを始め、ひいては犯罪を犯してしまう原因になりうる事も、ある部分事実だ。

文科省が「キレる」「引きこもり」を始め、「不眠症」「摂食障害」「うつの増加」を踏まえ「ストレス耐性」や「睡眠リズム」をつかさどる脳幹研究にも力を入れていくという。

勿論これらもすべて低血糖症と関わりがあるとは言い切れないが、決して無関係でないことも日本においての症例データーにあるはずだ。

低血糖症を研究している先生方々、実際に沢山の患者さんを診ていらっしゃる全国の医師の方々、是非この事を文科省のこの研究に生かして下さい!!

私の切なる祈りです!!

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

WEBセミナー
No.1-No.5までのお申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/dist/S72681087/

No.6,No.7 はこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S78736575/

各WEBセミナーのご紹介はこちらから
No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

No.6 ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

No.7☆2019「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」
今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガをせずにできるためのヒントを詰め込みました。
成長期のスポーツは食事と栄養に十分気を付けなければなりません。
それは「成長+スポーツ」両方に栄養が必要だからです。
そしてケガをした場合は「成長+スポーツ+ケガの修復」とより多くの栄養が必要になります。
ケガをしない工夫も大切。
成長期に気を付けなければならない事もあります。

なにをどう食べるか、どのくらい食べるか、で変わってきます。

子どものスポーツはケガが大人になっても響くようなこともあります。
途中でスポーツをするのをあきらめなければならないことも出てきます。
才能があっても体の不調でいい成績が出せない、伸びない、ということが少しでもなくなるといいな、と思います。

【今後の予定】
順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】
「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】
「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

【栄養素別コンテンツ】
第一弾配信中

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

《今後の配信予定》
☆アミノ酸について
☆ビタミンA
☆ビタミンB
☆ビタミンC
☆ビタミンD
☆ビタミンE
☆各種ミネラル
☆脂質

テーマのリクエストも受け付けています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする