血糖値の急激な変化は怖い・・体内で知らない間に起こっている怖いこと・・

血糖値が急激に変化するとき

血糖値が急激に下がっているとき、下がった血糖値を上げようとするとき、体の中はとんでもないことが起こっている。

種々のホルモンが副腎から一生懸命分泌されて、脳に大切な血中のブドウ糖がこれ以上、下がっては生命に関わる、と頑張るからだ・・・

血糖値が変動することによって、種々のホルモンが心身の不調に大きな影響やダメージを与える。

もちろん脳にも相当なダメージがある。

例えばこんな事・・
血糖値が変動しやすいとこうなる・・

「この位なら大丈夫じゃない?」と空腹時を避けて、暑い時間帯にはアイスなどを食べる。

「果汁100%だから、ジュースも飲んでいいよね」その代わり、グッと飲まないとか、やはり空腹時を避けてとかの約束を守っていれば・・・夏に出盛りの美味しい果物も頻繁に食べる・・・

「食欲ないけれどジュースならいいよね、アイスでもいいよね」

100%ジュースだろうと血糖値をすごく上げる

そして上がった血糖値は人によってジェットコースターのようにあがったり下がったりの乱高下

急激に上がったものは急激に下がる  下がり始めた頃から心身に不調が出る人が多い

その間の感情の変化たるや・・

怒ったり、泣いたり、わめいたり、暴言を吐いたり・・

不安感が強くなったり、恐怖感が過剰に出たり・・

そんな人もいる

血糖値の急激な変化は体にとっても怖いのだ

こんな状態、もしかして甘いものを食べた後ではありませんか?

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする