分子栄養学に基づいた離乳食講座『離乳食 気楽に作って~鳥取離乳食セミナーレポ2』

成長に大事な栄養素って??

成長に必要な栄養素はタンパク質もミネラルもビタミンも脂質も糖質もすべてです

ですが今回2つに絞ってお話ししました

タンパク質

タンパク質は体を造るだけでなくあらゆる所に必要です

骨にも必要  各種ホルモンにも必要 e.t.c.  e.t.c.

そして母乳を与えている母親にももちろん大事な栄養素

重要な栄養素  タンパク質の事を体の症状なども例にとってお話しして、具体的に何を意識して食べればいいのかもお話ししました

鉄も意外かも知れませんが成長にはなくてはならないものです

お母さんの体から赤ちゃん自身の成長に必要な鉄は奪いとってでも大きくなるために必要です

でも、貧血のお母さんから生まれた赤ちゃんはやはり貧血傾向・・

そして母乳も血液から出来ていますから、とても大事な栄養素です
写真提供はすべてTottori Mama’s  代表 中井みずほ氏

『いい母乳』『栄養たっぷりの母乳』ってたくさん出ることではありません

母乳ってたっぷりと量が出ているからと安心していませんか??

量が出ていてもタンパク質やその他の栄養が十分でない可能性はあります

離乳期にも母乳を引き続き飲ませるわけですけれど、注意して欲しいのは栄養たっぷりの母乳を出す、という事です

栄養たっぷり

つまりタンパク質を始めとする栄養の詰まった母乳!

なのでお母さんもしっかり食べて欲しいのです

とかく育児(上の子の育児も)や家事、仕事で忙しいお母さん

お食事もままならなかったりします

適当につまんで済ませている方はやっぱりお腹がすぐ空きます

空いたお腹を何とかしようと食べるのは『お菓子』っていうのが実はかなり多いんです

これは絶対避けたい

一度に食べられないのならちょこちょこ分けて食べて欲しいです

もちろんタンパク質中心に!!

ご自分の産後の体の補修にも必要なタンパク質

是非食べて欲しいです

セミナーでもお話ししましたけれど、今までタンパク質をそんなに食べて来なかった方は、一度に食べると胃腸を痛めます

ですので少しずつよく噛んで増やしていくことが大事です

離乳食のお話しのセミナーでしたがこんな事もたっぷりお話ししました

何故ってお母さんが元気でないとお子さんは元気に育ちませんから!

レポ3に続きます

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする