脳と栄養のシンポジウム-溝口徹先生編2-10 脳の栄養不足から来る精神疾患は治療が可能

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

掲載については溝口クリニックよりご許可を頂いています。

~一部・または全部における引用・無断転載をお断りします~

脳の栄養不足から来る精神疾患は治療が可能

栄養療法の大元になっている学問、考え方は故ライナス・ポーリング博士と今年5月に亡くなったエイブラム・ホッファー博士らによって築き上げられた療法だ。

ポーリング博士が造った造語である「Orthomolecular Medicine ・オーソモレキュラー療法」と言われるものになるが、語源は下記の通り。
Orthomolecular Medicine
分子      Molecule
整合(整える) Orth-
医療・医学  Medicine

日本語で書くと、分子整合医学で分子整合栄養医学とも言う。

人間に限らずすべての生物は自らの内部環境を最適な状態を保とうとしていて、何らかのトラブルが起きたとき、元に戻ろうとする強力な自然治癒力がある。

身体の中の内臓にしても神経にしても、私達が意識していないけれど常に新しい細胞に作り替えられている。ひとときも留まっていないのだ。

これらを維持・継続していくのには良質で最適な量の物質(食材)の供給によって、60兆細胞の機能を改善していくものだ。

精神疾患のトラブルも勿論例外ではなく、適切な量の栄養素を補っていくことで、治癒が可能なのだ。

今まで長いこと精神疾患を患っていた人にとって、栄養だけでそんな事があるのだろうか、と信じられないだろうけれど、事実治癒や改善に時間などの程度の差こそあれ、治療を始める前より良くなっていっている人が多い。

脳に必要な物質

脳を構成している物質は主に『脂質』と『たんぱく質』であること。
当然の事ながら口から摂る食材は脳を構成し働かせるのに重要な役割をする。

とりわけ脂質とたんぱく質は重要だ。

脂質と聞けば悪い物、有害なものと言うイメージを持ってはいないだろうか? 体内に存在する脂質であるコレステロールも悪者にされているけれど、人間が生きていく上で非常に重要な役割を果たしている。

コレステロールは食材にも含まれるけれど、口から摂ったコレステロールは体の中で造られるコレステロール量に比べたらずっと少ない。よく医師でさえも「コレステロールの高い食材は食べないように」と言うことがあるけれど、根拠はないのだそうだ。

体内で造られるコレステロールの材料になるのは言わずもがなたんぱく質。とりわけ動物性たんぱく質だ。

食生活が乱れ、たんぱく質の摂取などが減ると当然の事ながら、コレステロール値も低くなる。

脳の働きに影響がある低コレステロール値。低い人はそれだけで精神疾患が出やすくなる。

脳内で必要なコレステロールは脳内で造り出されると共に、ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン・GABAなどの脳に必要な物質も造り出しているのだという。

今回脳内で必要なコレステロールは脳内で造り出される、と聴いて興味深かった。今までそんなこと考えた事もなかったからへぇ~思わず言ってしまった。

脳には有害な物が簡単に入り込まないように「脳関門」があるため、脳内に入れない物質で脳に必要な物は脳内で造り出されているとよく言われる事だけれど、GABAもその中の1つでGABA入りの食材を食べてもリラックス効果などは期待できない。

脳内に必要な物質を十分造り出せるためにもやり日々の食事が大切だと改めて思った。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

3月24日(日)より募集開始
最新 No.6ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.6

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.6ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする