夏の食事が秋の体調を作る・・

食欲低下の夏

暑いとどうしても食欲が落ちますね

さっぱりとしたものが欲しくなり、暑いから冷たいものが欲しくなり・・

「食べたくないけど、そうめんならいいよねぇ~」

つるつるっと喉ごしもよく冷たくてさっぱりして・・

1日に必要な栄養とエネルギー(カロリー)を考えたとき、たった一食でも糖質多め、タンパク質はどこえやらのお食事はやっぱり栄養は少ないです

それを続けていたらやっぱり栄養を摂らなかったしわ寄せはどこかに出てきます

すぐにどうこういう訳じゃないからから分からないから困ったもの・・

影響は秋に出る

夏の暑さに汗で大事なミネラルやビタミンも出て行きます

体力も免疫力も少しずつ落ちていって、季節の変わり目の秋に体がついていかなくなって体調を崩す・・・

夏の疲れだけでなく体の中の色々なものが消耗して体調を崩すのです

本当だったら夏になる前からタンパク質を少しずつ意識して摂れるといいなぁ、と思います

夏に食欲が落ちないようにすることは大事ですね

あまり食べられない、という方は是非スープやお味噌汁でいいので食べて頂きたいです

もっと手軽なのが日本が誇る《お出汁》
これをたっぷり作っておいて(無添加の出汁パック※でもいい)水代わりに飲むとかなり違いますよ

コツは濃いめのお出汁 これに塩や醤油を少し入れて飲むのです  今日から是非!

※無添加の出汁パックとは 砂糖やブドウ糖、塩、アミノ酸(化学調味料の事)、タンパク加水分解物などが添加されていない素材だけのもの

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする