低血糖症の人は、忘れっぽい・・・

低血糖症の人は、忘れっぽい・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若いのに色々、しょっちゅう忘れる人っていませんか?まだ若いのに年上の人より物忘れが激しい・・って方

低血糖症から来る物だと知らなかったら、本気で若年性アルツハイマーを疑って、脳神経外科とかで脳ドックとかMRTとかの検査を勧める事でしょう・・・

例えばこんな具合・・

「今度の病院の予約、いつでしたっけ?」すでに、3回ほど、口頭とメールで伝えてあったりする・・

「書類書くの忘れていました。近々出します」この書類もう2カ月前には出すはずだったもの・・再三、私が確認して促し、「明日出す」「あさって出す」

と言ってはその都度忘れている。

「○○さんって誰でした?」

・・・・

この「忘れっぽい」はやはり脳の血流が不安定になったり、前頭葉や大脳皮質の機能が低下するために起こるとされている。

特に「無反応性低血糖症」の場合、血糖値を上げたり、安定させるために分泌されるアドレナリンが絶えず脳に刺激を与えているため、脳が混乱したり神経伝達などが上手くいかないなどを引き起こしているらしい。

前頭葉の麻痺が正しい判断や、総合的に考えて判断して行動するなども出来にくい、(理性的な判断が出来にくい)という。

なのでメモしていてもメモしていること自体忘れていたり、自分で言ったこともおぼろげにしか認識していなかったり、と本人も指摘されて困ってる・・

血糖値の乱れや不安定は記憶にも関わる。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする