魚も食べてますか?

今日は二の丑だそうで、今年2回目の土用の丑の日だそう。7月中に二回も来るのは何と231年ぶりだとか。うなぎも食べましょう!(写真はアジです)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海に囲まれた日本 e.t.c.・・

魚介類が豊富な日本。環境の変化と共に色々な問題もあるけれど、積極的に食べたい貴重なたんぱく源であり人間の体に必要な不飽和脂肪酸-EPA・DHAも沢山含んでいる。(EPA・DHAについてはいずれ書いてみたい)

海の魚介類の栄養分は陸地からのものも大変重要だと聞いて驚いた事があったけれど、この自然界互いに影響し合い生態系を保ちつつ共存している。

日本の周りは海なので、内陸に位置する国々よりは新鮮な魚介類が手に入りやすい恵まれた状況にあると言っていい。

我が家ではもう20年以上、引っ越しに伴いそれぞれの地域の生協にお世話になっている。

生協を始める前から魚離れが言われていて、生協側でも何とか魚の購入量を増やそうと色々工夫していたようだ。

昔に比べると、魚の取り扱いも随分変わって来た。

今や生協は切り身の取り扱いが多い。切り身になっているだけでなく、何と嫌われ者の、敬遠される原因になる魚の骨、小骨に至るまで取り除いた物、すぐに調理出来るよう味付けや衣付けなどの加工がしてあるものが圧倒的に増えた。

加工している分、便利かも知れないが手間がかかっている分値段は高い。しかも味付けやその他で添加物をはじめ色々なものが使われている。生協だから、一応安全、安心をうたってはいるが・・・・

毎日食べたい魚・・工夫して食べる

人間の体はたんぱく質で出来ているし、体の中では色々な所に使われるため、食べた分以上のたんぱく質の合成が行われている。

食べ貯めは出来ないし、一日3食、自分でこれでいい、と思っている量より遥かに多く食べなければならない。

たんぱく質不足その他の栄養欠損で家族が体調を崩し、栄養療法を始めて少しずつ食べる物を変えてきた。特に我が家の夕食は毎日何かしらの魚一品と何かしらの肉料理を加えての食事をしている。

小魚から大型の魚、貝類、イカやたこ、かに、えび、ウニもある、わかめも昆布もその他海藻類も・・・思った以上に種類が豊富だ。

魚は海ばかりでなく、日本は河川にも恵まれているから川魚もたべるチャンスがある。是非頑張って買い求め調理に挑戦して欲しい。スーパーでも魚を無料でおろしてくれるところもあるし、聞けば食べ方を喜んで教えてくれる。

色々な種類の魚介類を是非毎日食べたい。

メインに出来れば丸ごとの魚を一品、他のおかずにも少しでいいからトッピングする気持ちで一品にさらに加えて食べたい。

大根おろしに鰹節やじゃこ

豆腐にじゃこと鰹節

酢の物にわかめとじゃこ、たこなど

わかめなどを使った海藻サラダに鰹節、じゃこ、小エビを加えて

レタスサラダにも鰹節などをトッピングしてしょうゆとごま油またはオリーブオイルをまぶして

小エビの唐揚げ、かき揚げ

味噌汁のだしを取った煮干しも一緒に食べる

色々試して食べてみると意外に美味しいし簡単

魚も肉もその他のたんぱく質、毎日のたんぱく質摂取は「足し算」で食べたい。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする