粗食は健康にならない!?健やかな成長や長生きしければもっとタンパク質を・・

粗食は健康か?

粗食って何となく体によさそう、って思いますよね
無駄なものを食べずに体にいい感じ、清貧のイメージ、節約しているイメージ・・←ワタシのイメージね・・

かつての私がそうだったように、この背景にもしかしたら肉は体によくなくて、野菜中心がいい、というのがあるのかなぁ、と思ったり

「肉はガンになる」「腸を汚す」「日本人は腸が長いから動物性タンパク質は体質に合わない」

って本気で信じて疑いませんでしたから・・

※日本人は腸が長い、というのは都市伝説です

20代よりも70代の方が肉などのタンパク質を食べないと健やかに過ごせない・・

この写真のお食事、どちらがヘルシーだと思いますか
                       ある小冊子から

上の方が野菜も豊富だし、品数も多いからいいんじゃない??  って思ってました

でも、タンパク質量から考えると断然足りないのです
生きて行く上でタンパク質ってとても重要
しかも元気に健やかに生きて行くためにはなおのこと必要

成長期は特にそうだし、実は年を取るほどタンパク質の需要は高まるのです (厚生労働省・日本人の食事摂取量参照)

これを知ったときはびっくりしました

理由は、若いときと違って老化が進んでいてその修復にはより多くの栄養がいるから、なのです

年を取るとますます異化>同化のバランスなんですね

異化と同化についてはこらち 『スポーツするなら「肉」食べて!!成長期にこそ必須』

                        同小冊子から
年を取ると消化吸収力も弱りますから闇雲に食べるのでは逆効果

少量を回数分けて食べるとか、いつもよりよく噛んで食べるとかの工夫は必要になりますけれど、「足し算で食べるタンパク質」のちょっと足す食べ方も大事です

例・お豆腐にじゃこや鰹節を乗せて食べる スープやお味噌汁に挽肉を入れるe.t.c.

粗食≠健康  大きな勘違いでした

栄養価の高いお食事を目指して
健やかな成長、健やかな人生で長生きを!!

《女性の健やかな一生をサポートする食のアドバイザー》ふじもとひろみ
プレママ&子育て中のママ達の栄養サポートもしています。 細胞レベルから健康に!!

分子整合栄養医学健康指導士・ 血液栄養診断士

**************************************************************

セミナーのお知らせ

【セミナー】https://goo.gl/fhsBDz
《栄養カウンセラーから学ぶ☆離乳食講座》
募集中 11月26日日曜日 鳥取市内10時~12時

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする