子どもが「足が痛い」と言ったら・・・

孫の運動会終了

秋のさわやかな昨日、と言いたいところですが真夏のように暑く日射しが強い日でした

孫の運動会が無事終わりました  昨年までは西の方から参戦でしたが今年は首都圏から・・

プログラムの最後にリレーがあって年長さんが一生懸命走って感動ものでした!!

でもちょっと気になることが・・

何人もの子がちょっとアヤウイ走り方をしてました

なんだかぎこちない

バランスが取れていない走り方でした

年少さんなら分かるんだけれど・・

あまり体を動かしていないのかなぁ・・と

子どもが足が痛いと言うとき

私の知り合いで夜になると「足が痛い」と泣くお子さんがいました

お母さまは心配して整形外科に連れて行き、レントゲンを撮ったりして検査しましたがどこも異常なし

あげくにドクタから「お母さんの愛情不足でしょう」と言われ憤慨したとか・・

でも毎日「足が痛い」と泣く・・

少し大きい子なら具体的に「膝が痛い」とか「太ももが」とか「かかとが」とか言うでしょうけれど、小さければなかなか表現出来ません

成長期によく聞かれる【成長痛】かも知れません

この成長痛

実は貧血と深い関わりがあります

成長するには多くの栄養が必要、というのは何となくご存じかも知れません

私が毎度書いている【タンパク質】もそのうちの1つですが、成長に欠かせない栄養に【鉄】があります

成長にとても大事なミネラルです
特に体に吸収がいい「ヘム鉄」といって動物性タンパク質に多く含まれるものが必要です(植物性の食材に含まれる非ヘム鉄も一緒に摂る事が大事)

肉とか魚などに含まれます

この鉄が足りないことで骨の伸びる関節などに痛みが出るのです

残念なことに「成長痛」と診断されてもその主な原因がタンパク質を中心とする鉄不足から来る「貧血」とはお医者さんでも殆どご存じありません

レントゲンを撮っても分かりません・・・・

この鉄不足から来る成長痛を放っておくと例えばかかとの骨が変形したりする可能性もあるのです

鉄分を意識したお食事を是非!!

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする