今日は記念日~!! 感謝!!ブログ開設2年・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログ開設2年・・・

この2年早かったような、長かったような日々だった。

2年前の今日。大してパソコンをいじれない私が勇気をふりしぼって書き始めた、ストレス解消を兼ねたブログだった。

アクセス数も延べ25万を超え、毎日最低でも400~500人の方がアクセスして下さっている。

正直こんなにアクセスが増えようとは思ってもみなかった。

2年前に比べて、血糖調節異常(低血糖症)への認知度、栄養療法への認知度も確実に高まって来ているのを感じる。

このところ更新が滞りがちだし、書く内容も日にちが飛んだりしているけれど、後から書いて埋め、更新している物もあるので是非お読み頂ければと思う。

検索語から見えてくるもの

このブログへのアクセスも色々な検索語でたどり着いているのが分かる。

ずっと多いのが、「異常な眠気」「食後の急激な眠気」「強烈な眠気」「寝ても寝ても眠い」と眠気関係。

「目の奥が痛い」「眼球が痛い」「目のえぐられるような痛み」「(目の前が)チカチカ」「偏頭痛」「強い頭痛」と眼球痛と偏頭痛など。

「食べてもお腹がすぐすく」「食べても食べても空腹感」「食後の異常な空腹感」

意外に多いのが「日野原重明」「オリーブオイル」

この検索語の数々からも血糖値の変動による症状であり、いわゆる糖尿病ではない低血糖症(血糖調節異常)の症状だ。

これらの症状の多くは大概、病院でそれなりの検査をしても、異常は見られない。血糖値から来るものだとは認識されていないので血糖値の検査もしないから「原因が分かりません」「心療内科を紹介します」なんて事にもなってしまう。

仮に血糖値の検査をしても一般的に糖負荷検査で2時間くらいまでしかやらないので、正しい変動が分からない。

血糖調節異常(低血糖症)の人でも血糖値の変動のパターンが色々あるので、負荷後2時間くらいで糖尿病のような血糖曲線をかく事があり得る。

そうした場合、糖尿病と診断されてしまい糖尿病の治療が始まってしまう。

低血糖症(血糖調節異常)という病態があることを一般の医師は知らないからだ。

まだまだ認知度が低い血糖調節異常(低血糖症)だけれど、更に認知され、このブログが少しでも血糖値の変動でくる様々な症状で苦しんでいる人達のお役に立てば嬉しい。

これからもどうぞよろしくお願い致します。感謝!! From Ms.Gordon

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする