成長期の子どもにこそ、たんぱく質を・・

炭水化物大好き

ぴかぴかの小学1年生と4歳になったばかりのあるきょうだいの話

風邪や、おう吐を伴った胃腸炎性の風邪などで毎月のように熱を出しているらしい。

疲れやすく、だるさもあり、原因は分からないらしいが、一年生の子の方が夜になると足が痛くなってよく泣くという。

整形外科を受診したけれど、これと言って悪いところはなく、「お母さんの愛情不足です」と言われてとりあえず湿布薬を処方され時々貼っているそうだ。(原因不明を愛情不足と言うのも、疑問だが)

「上の子は確かに炭水化物大好きなのよね。ご飯とかパンとか結構食べちゃうし」

炭水化物の割にはたんぱく質をとっていないのは明らかだ。

先日、食品成分表を紹介したが、そこに書かれている「一日の栄養所要量」をとっているからと言って安心してはいけない。

分子栄養学や栄養療法の面から言うと、あれは病気にならないための最低限の量であって、健康でいるための量ではない。

成長期やストレスの度合い、労働の強度、スポーツの有無、年齢や性別でかなり違ってくる。勿論妊産婦もだ。(これらは本にも一部書かれているが)

特に成長期やストレスのことを頭にいれると、かなりの量をとらないと追いつかない。体の基礎を作るのにはバランス良く食べるのはもちろんだけれど、やはりたんぱく質はかなり意識して食べなければいけない。

子どものうちなら、親が管理出来る。手軽だからと炭水化物を取らせてはいけないのだ。当然、ジュースや甘い物は極力控えるのは忘れてはならない。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする