女性の皆さん !明日のあなたの健康を考えて !!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

糖質過多の食事を続けていると・・

安くて手軽で適度にお腹が一杯になる・・・理想ではあるが、気を付けないといけないのは栄養の偏り。

これらを安易に考えてしまうと、炭水化物(糖質)のみの食事になってしまうのはご存じの通り。

食べやすく消化もたんぱく質に比べてしやすい、値段も安く手軽に食べられ、お腹も満たされるし、炭水化物(糖質)のものは大概が簡単な割に美味しいのだ。

しかも体や脳にとって素早くエネルギーになるから、自然と求める物になりやすい。

このような炭水化物(糖質)中心の食事を続けていたらますますしっかりした食事を体が受け付けなくなる。

胃酸の分泌も消化能力も落ちてしまうからだ。

この状態はすぐに悪循環となって男女にかかわらず、年齢にかかわらず心身面に影響が出てくる。

しかし特に女性の毎月鉄の損失があるので食生活の充実はもっと必要になる。炭水化物(糖質)に偏り、たんぱく質を減らすことで体調面や精神面で不調が出やすいのは当然であり、それは深刻なのだ。

若い女性の月経の不順もしくは停止は珍しくないそうだ。健康な女性なら一定の周期で心身の苦痛も伴うことなく月経は起こる。

自分の周期を把握していないのも私にしてみれば問題だと思うが、月経不順に安易にピルを使うのはかなり危険だと言うことを頭に入れておいて欲しい。(医療機関では簡単に処方されるという)

口から摂る食事、栄養が自分の体と健康を作っていることをしっかり認識して、食べなければ食事を切りつめた以上の事が自分の体に跳ね返ってくる。

限られた予算の中でいかに食事をしていくか? この不況で私達自身の生活をどのようにしていくのかを改めて考えていく機会なのではないだろうか。

若い女性の100人ちょっとの街頭インタビューだったけれど、その中の20代で自分で自由になるお金が8万円位、10代で3万円強という(私個人の意見としては自由になるお金の額がかなり多いとは思いますが)・・使い方は無論自由だけれど、自分の体の健康の為にもっと真剣に食事を考えて欲しい。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする