コラーゲンはぬればいいの?食べればいいの?・・

コラーゲンたっぷりでお肌ぷりぷり・・・?

「コラーゲンたっぷりで・・・」テレビなどでよく言っている。肌にいいとされるコラーゲン。

コラーゲン入りの化粧品、コラーゲンたっぷりのゼラチン質のフカヒレ・・

どちらも高価でお肌によさそう。どちらも使って見たらさぞかし肌がきれいになるのではないか・・・

女性はこういうのに弱い。経済的に許されれば、何でも試したい・・・本音だろう・・

コラーゲン

夢と希望を砕くかも知れない今日のお題・・・

結果から申しましょう。コラーゲンは肌に塗っても分子が大きいため、肌には殆ど吸収されません。

では食べれば? 残念ながら食べたところでコラーゲンとしての効果は期待するほどありません。

今まで一生懸命頑張って来た方はがっくりするかも知れない。

コラーゲンは人間の身体の中で作り出してこそ、有効だと言う。肌だけではなく腱や軟骨、細胞の膜などの生成に役立っている大切な物だと言う。

人間の体の中の全たんぱく質の約30%を占めるという大切な物。

ではどうやって体内で作り出すのか?

まずはたんぱく質を沢山とることです。コラーゲンを作り出す大切な材料はたんぱく質です。何を作り出すにも材料がないとだめですよね。

それからコラーゲンを作り出すときにその構造をしっかりさせてくれるのが、ビタミンC。

ビタミンCが足りないと弱いコラーゲンになってしまうとか・・・(コラーゲンは3本の複雑に絡み合った縄のように、らせん構造にになっているが、ビタミンCが足りないと絡み方が弱いそうだ)

おっと、これも大切。鉄分!この3つがそろわないとコラーゲンは上手く作り出せない。鉄はコラーゲン合成に必須で粘膜強化に使われる。

たんぱくしつ質不足はお肌にも影響するのです。たんぱく質をとっていないと貧血にもなる。コラーゲンの合成に鉄も重要だから・・・

やっぱり食事はしっかりとりたいものだ。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする