灯台もと暗し・・・お餅の注文  お餅は買わないとならないなぁ・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お餅は買わないとならないなぁ・・

私としては糖質=炭水化物の固まりであるお餅は、本当は買いたくないし、血糖調節異常(低血糖症)の家族に食べさせたいとも思わない。けれど年に一度のおめでたいお正月。

楽しみに帰省する子ども達。

それに対して「血糖値が」「具合が悪くなるから」と過剰に制限したくない。

去年の年末はネットで玄米餅を買い求め、いつも食べる白い餅は少しにした。

意外に不評はなかったけれど(玄米餅が結構いい味だったのだ)やっぱり白く滑らかな食感は欲しかったようだ。

私が去年取り組んだ年末年始の血糖値対策

    • 年越しうどん→そばに変更し、つゆも手作り。糖類は使わずに作る。

具材は肉やエビ天を増量。(注・追記・我が家は「太く長く」をモットーにいつも年越しうどん)

    • おせち料理全般の甘みを血糖値を上げにくいとされている甘味料に変更。
    • 煮豆やきんとんは作る量を少なめに。
    • お餅は玄米餅を大部分使用。きな粉にも上記と同様の甘味料を使用。

けれどお餅を食べる回数と量は一昨年より少なめ。

    • ジュースは御法度。勿論配偶者を除いてアルコールも。

今回もこの路線で行くつもり。

お餅は玄米餅が大半になる予定。

なぁ~んだ、近所で買えるじゃない・・玄米餅

時々自然食品を取り扱っているお店に行く。と言っても食品は殆ど買わず、洗濯石けん(洗濯機用)と合成成分の入っていない酸素系漂白剤などを買うため。

たまーになくなると全粒粉(国産)の小麦粉を買いに行く。

いつだったか店頭に去年の年末に私がネットで買った玄米餅が並んでいたので今日は聞いてみることにした。

年末にもう少し入るかどうかの確認だ。

そうしたらそこのお店のおばあちゃん。

「つきたてのお餅の予約をしていますよ。地元のお米やさんが届けてくれるんですけれど・・」とおっしゃる。

あらぁ~そんなのがあるんですか??

種類は3つ。

玄米餅

玄米黒豆餅

普通の白餅

1キロ1400円位で、20個くらいあるという。

なぁ~んだ、近所で買えるじゃない!!

しかもつきたて。ネットで買うより安い!!

自然食品のお店だから、色々こだわっているようだから一応安心。

店頭にお餅の予約の事、書いてなかったから知らなかっただけだった。

今やスーパーや量販店が多くなってしまって、個人商店になかなか足も関心も向かなかったけれど、このお店は近いしいつも通っているスーパのすぐ近く。

あ~嬉しいなぁ~

これで悩みの種も解消!!

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする