乾燥肌対策・・シアバターで保湿 番外編 1-2

保湿剤・・・シアバターはどうだろう・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々試してみたけれど、私がこだわるのは『保存料無添加(パラベンなど)』天然由来、または天然成分で出来ている物・・・

何年か前、有名ブランドのシアバターを買って試してみた。

これが割に良かった。べたつかないし伸びがいい。けれど香りが豊かすぎるのと、値段が高いのがネック。その他色々企業秘密のものも入っているしね・・

とてもいい香りだと思うのだけれど、その分刺激になってしまうのではないかと心配した。香りが苦手な人はちょっと無理かもしれない。

『シアバター』(shea butter)と言うのは、アカテツ科のシアーバターノキの種子の胚から得られる植物性脂肪の事で、白に近い薄いベージュ色をしている。固形だが手のひらで少し伸ばすと体温で溶け透明になる。

主にアフリカのナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナなどで生産されている。

成分はその殆どがステアリン酸とオレイン酸といい、トコフェロール(ビタミンE)、カロチノイド(ビタミンA)、トリテルペンも微量に含まれと言う。

肌に必要なトコフェロール(ビタミンE)、カロチノイド(ビタミンA)が入っていたとは、調べるまで知らなかった。

日射しの強いアフリカでは乾燥から守るため保湿と紫外線対策に全身に日々塗っているという。また治療目的でも使われたり、化粧品や石けん類などにも使われているものがある。

去年の秋だったか保湿剤が欲しくてシアバターの未精製の商品を探していたら、上手いこと安価で見つかったのでご紹介したい。

私が色々探した中で一番安かったし、未精製の上何も加えていないと言うのが気に入った最大の理由。未精製故、ぼそぼそした感じはあるけれど、体温ですぐ溶けるので扱いやすい。

塗った後しばらくべたつくけれど程なく肌に吸収されてしっとりするのがありがたい。においも殆ど気にならなくなるから不思議。

水仕事をする前に手に塗れば、しっかりはじいてくれて手荒れ防止にもなっている。

なかなかの優れものと思った。

未精製シアバター

シアバター(未精製) 100g 【その他・備品 手作り基材】【RCP】

シアバター(未精製) 100g 【その他・備品 手作り基材】【RCP】

精製シアバター

アルミパウチに固形のまま100g入っている物を買い求めた。香料も勿論入っていないので男性にもお勧め。

ただシアバターそのものの香りはある。カカオの香りと言う人もいれば、ホワイトチョコレートの香りと言う人も、勿論あのにおいはダメ、と言う人も。

香りが気になる方は精製されたシアバターもある。

全身に使えて乾燥肌や少し荒れた肌にもいいらしい。中には私の様にアトピーの人もリピーターがいるという。トコフェロール(ビタミンE)も含まれているから炎症を抑える効果もあるのかも知れない。

乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は一度試しては如何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする