またまたランチブッフェネタ・・炭水化物(糖質)の怖さ

週末デート!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お金と時間が許せばいつでも行きたい、故郷?東京に所用があって行って来た。

行けば必ずデートする大好きなお友達とランチへ。

新緑もまぶしく何ともいい季節。何日か前の寒さはどこへやら。

構えて寒くないようないでたちで行ったのに、滞在中は暑くて仕方なかった。

風邪を引いたり諸々で何とこの1ヵ月位の間に3キロも落ちてしまったので、デブだった私の着る物がない・・

痩せたと思ってワクワクしながらかつて着ていた洋服に希望を持ちつつ着てみたけれど、入るはずもなく・・・

季節の狂いと、体型の変化に何とも野暮ったい格好での滞在でいささか不満・・ってどうでもいいんですが、こんな事・・

ぐるぐる回る~

私と友人は栄養療法に取り組んでいるので、食事も勿論たんぱく質中心!!

甘い物は食べない!!

となるとランチブッフェはとても都合がいい。

先日書いた私のブログを読んでいた友人は、そのブッフェメニューにたんぱく質が減っていることにびっくりしていたけれど、さて今日は??

沢山の大皿に色とりどりのいいにおいのするお料理が並ぶ!

さて・・春野菜のサラダ・マリネ・ポテトのサラダ・パスタサラダ・・

ちらし寿司にチャーハン、うどんにパスタ、カレーもあるでよ!

野菜の煮物に炒め物・・おっと重要ポイントスイーツもジュースも勿論ありましたよ~

友人と二人ある程度お皿に盛りつけつつ気がつけばぐるぐる回っている・・

「私達の食べる物がないよぉ~」と嘆きつつ・・これだけ山盛りのメニューがあるのに、なのだから・・・

仕方ないから煮物に入っている肉を多めに取り込み、「揚げたてのキビナゴで~す」の声にすっ飛んで行った。

席に着き食べ始めてから友人は言った「前はねもっと肉もあったのよ・・。豚とか牛も」確かに少しは鶏肉がある。

かろうじて鶏の唐揚げはあった。けれど他の肉単体のメニューは見あたらない。

やっぱりブッフェメニューから消えているのだ。

コスト面とヘルシーと思われている野菜中心メニュー・・そしてスィーツ流行だからスィーツはそこそこ充実していましたよ。

えっ、あんなに一杯・・

二人で通りすがりに他の人の取り分けたお皿をつい見ていたようで、「すごいね! あんなに山盛りを3回もお代わりしているよ~」

私達はたんぱく質中心なので山盛りにしてもせいぜいお代わり2回くらい。

けれど3回位行っている人は、やはり炭水化物が圧倒的に多い。「炭水化物を食べていると食べている間からインシュリンがバンバン出るから食べられちゃうのよ~」と友人が教えてれた。

そうか!!!そう言われてみれば、理屈にかなう!!

量がすごいのだもの!量だけ見たらよくあれだけ入るなぁ~って感心するくらい。

もっとすごいのがその上にスィーツも山盛り持ってきて食べていたこと・・

まぁ、スィーツも炭水化物以外の何物でもないので・・入りますね・・

太るだけでなく、炭水化物を食べる事でますます食べたくなる悪循環。このブログをいつも読んで下さっている方はもうご存じですね?

インシュリンも多量に分泌されて、ついにはその調節が出来なくなってますます炭水化物しか食べられなくなる・・肉などのたんぱく質を適切に食べていない分、粘膜は弱り、消化酵素や胃液などの分泌も落ちたんぱく質を消化出来ない、受け付けない体になってしまう。

そして、栄養が欠乏し、インシュリンをついには作り出せなくなり、血糖調節異常(血糖調節障害)=低血糖症や糖尿病になってしまうのだ。

粘膜・胃液・インシュリンなどなどもその材料となるのは動物性のたんぱく質ですから、炭水化物ばかりを食べる事がどれだけ体を維持するのが難しくなるかが分かるだろう。恐ろしいことだ・・

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする