離乳食セミナーで「まずはママ自身のお食事を大切に」といったのか??

私の離乳食セミナー冒頭でお伝えすること・・


離乳食の話の前にこれです

「なんの関係もない」と思われるかもしれませんが、実は大あり

お話を進めていくと、みななさん頷きます

お母さんが元気じゃないと子育てできませんもの

授乳はもちろん  おしめ替え  肌着などの着替え  入浴 一般的な家事(調理・食器洗い・洗濯・掃除・上のお子さんの育児など)

ご夫婦やジジ・ババのサポートがあったとしてもやっぱり体は資本

自分の体が生きていくための食事とおっぱいを出すための食事

そして何より出産で傷ついた体の修復にたくさんの栄養が必要なのです

産後の体は交通事故での重傷状態

おなかの中って外から見えません

10ヶ月赤ちゃんがいた子宮

出産の時に通ってきた産道・・

ダメージが一番わかりやすい外性器の裂傷や破断

帝王切開だったらもろにおなかに傷跡があるのでわかりやすいでしょう

帝王切開の場合、腹筋を切っているのでそれがくっついて元通りに機能するには最低でも3-4ヶ月かかります

その間、顔を上げたり下げたりも切ったところが痛いですし、階段や坂道もつらい
洗髪もできない、おなかに力が入らないので重たいものなどは持てない・・などなど くしゃみもできません

腹筋ってこんな時にこんな風に使っていたんだ、と再認識するほど・・
これってかなりのダメージです

そして帝王切開であろうとなかろうと子宮内膜はかなりの傷を負っています

何しろ10ヶ月胎児を育てるのに重要な役割をしてきた胎盤が内膜からはがれ落ちるのですから・・

毎月ある生理の時の内膜がはがれるのとは訳が違います

胎盤は大きければ大きいほど傷も大きくなります

そんな交通事故の重傷くらいのダメージの体

普通分娩もしっかりとした状態になるまで半年くらいかかる方もいるといいます

そんな体は勝手によくなるわけではなく、修復していくには修復するだけの「材料」が必要です

材料がなければ修復できない・・

その材料になるのがタンパク質であったり、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンAであったりビタミンB群であったり・・書けばたくさんあります

材料はどこからか??

口から摂った食べ物から必要なところに使われて行きます

産後の体の修復だけでなく、母乳を作り出さなければなりません

なので私たちが思っている以上に安静にして過ごすこと、材料となる食べ物をしっかり食べることが大切になります

産後の体をできるだけいたわってください

ご主人をはじめ周りのご家族はもちろん、友人知人の皆さん、どうぞ産後のお母さんをサポートしてください

産後を大事にしないと女性の体は中年以降、更年期以降にかなりのダメージとなってほかのところに不具合が出ます

産婦さんご自身もどうぞ無理しないでゆっくり休んで栄養のあるものを食べてくださいね

次回 東京での離乳食セミナー

「誰も教えてくれない、本当の離乳食の話」
3月17日土曜日  1330-1630

https://goo.gl/c9GTm6

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《還暦記念WEBセミナーセール受講者募集中!》
YouTube・動画が観られる環境でしたらどなたでも受講可能です。

《WEBセミナー受講者募集中》
お申し込みリンク
単発セミナーはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S72681087/

お得なセミナーはこちら
還暦記念WEBセミナーセール↓

https://ws.formzu.net/dist/S41849004/

お好きなセミナーどれでも組み合わせ可能
配信中(最新No.7のぞく)No.1~No.5まで

3本まとめて24,000円を20,000円
4本まとめて32,000円を28,000円

配信中(最新No.7)のぞくすべてまとめて
No.1~No.6の6本
43,154円を39,000円

最新No.7 「スポーツするなら、させるなら」
先着3名様 特価5,000円(通常8,000円)

【ご確認ください】カード/口座決済と銀行振込では金額が異なります。

※PayPal経由でクレジット決済と銀行振込が選べます。
(カード/口座決済) をクリックしてそれぞれ決済をお願いします。

※PayPalを利用せず直接銀行口座から振込をする場合(例・ゆうちょからの振込)
(カード/口座決済) というところをプルダウンしていただくと、もう一つ「銀行振込」というのがありますのでそこをクリックして選択したのち、ご自分の口座からご送金をお願いします。(ゆうちょ以外ですと振込手数料が掛かる場合があります。)

お申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S41849004/

各セミナーのご紹介はこちらから
No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

No.6 ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

最新No.7☆2019・6月「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中6月最新No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」
WEBセミナー還暦記念セール開催中

今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガを…

【今後の予定】
順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】
「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】
「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

【栄養素別コンテンツ】
第一弾配信中

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

《今後の配信予定》
☆アミノ酸について
☆ビタミンA
☆ビタミンB
☆ビタミンC
☆ビタミンD
☆ビタミンE
☆各種ミネラル
☆脂質

テーマのリクエストも受け付けています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする