血糖値の調節には・・・糖尿病食事療法も参考に

治療・・・食事療法

病気の種類によって治療に食事療法を取り入れながら、コントロールする方法がある。血糖調節異常=低血糖症においても、まず食事療法が大切になってくる。

・次に足りない栄養素が原因で起こる心身の不調を補っていくため

に、栄養療法=サプリメント摂取

(医療用高品質のものを使用)

・体を動かすことによって筋力を高め、代謝を促す運動療法などがある。

食事療法・・・欧米の糖尿病治療における食事療法も参考に・・

血糖値を上げないようにするには、まず種々の砂糖を絶ち、精製された炭水化物(糖質)をとらないこと、アルコール(酒類)は糖質なので基本的に避ける。

果糖などが含まれる果物も治療初期にはなるべく避ける・・・などの基本的なことが大切。

人それぞれによって、食後の血糖値の上がり方、下がり方、その時間インシュリンの分泌量の違い、アドレナリンなどのホルモンの分泌量を知った上で、食事療法をすると効果的。

血糖値の調節という意味では、糖尿病も低血糖症も同じ範疇に入ると昨日書いた。

低血糖症では血糖値を上げないだけでなく、急激に上げない為の工夫が大切になってくる。上記に書いた食べてはいけない物はその為だ。

これらの食材を避けつつ、また急激に上げないための工夫として食材を食べる順序も参考にするとより上げにくくする。

例えば生の野菜サラダ(サラダにかけるドレッシング類の内容に注意)や繊維質が多く含まれる物を先に食べたりすると、それがフィルターの役目をし例え糖類が多少含まれる食材をとったとしても、血糖値を緩やかにに上げる作用がある。

スープやみそ汁も同様に有効。たんぱく質の物をご飯より先に食べるなども大切になってくる。

糖尿病の場合も低血糖症の場合もカロリー増加に気をつけなければならないが、カロリーばかりに目がいってしまうと、肝心の食事療法のバランスが崩れる上、たんぱく質が取れないので注意が必要だ。

あまり一生懸命に考えすぎるとせっかくの食事も楽しくないし、栄養の吸収も悪くなりそうだ。

これから先の夏に向かって、体力・食欲が落ちない様しっかり食べたい。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする