『ナルコレプシー』・『血糖値の変動』と異常な眠気2/2

血糖値の変動か?ナルコレプシーか?

異常な眠気を引き起こす病気に「ナルコレプシー」があるけれど、症状としては、血糖値が下がり始めたとき、下がってしまったときに起こる異常な眠気と同じようなこともありそうだ。

ナルコレプシーに関してはまだ認知度も理解も少ないらしく、言葉さえ知られていない。

けれど血糖値の変動(特に糖尿病以外の低血糖症)で起こる異常な眠気も同様に理解されていないのではないだろうか?

糖尿病ではないが、血糖値の変動が眠気に関係する、と言うのを知っている人が医療関係者も含めてどれくらい認知度があるだろうか?

食後しばらくすると急激に血糖値が下がることで、はあ~、はあ~と何度も生あくびをしたり、突然眠くて耐えられず、ついこっくり、こっくり・・・

または空腹時、同様のことが起こる人もいる。(血糖値が下がってくるため)

ナルコレプシーと血糖値の変動による異常な眠気、もっと知られるようになるといいし、双方に何か関連性のようなものがあるのか、ないのかも含めて研究して欲しいと思っている。

素人である私はこういう所が気になってしまう・・・

ナルコレプシーに関係する遺伝子の発見

先月になってしまったけれど、毎日新聞ネット版に9月29日に掲載された。

ナルコレプシーに遺伝子が関係している、と言う記事か載ったのでご紹介する。(該当記事のURLを載せると、後日見られなくなるので、全文を引用する)

遺伝子が関係しているとは、興味深い。

早く解明されるといいと願っている。

【ナルコレプシー:関係する遺伝子を発見…東大研究チーム】

日中でも激しい眠気に見舞われたり、発作的な脱力などに襲われる「ナルコレプシー」の発症に関係する遺伝子を、徳永勝士・東京大教授の研究チームが発見した診断や治療に役立つ可能性がある。28日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に発表した。

研究チームは、患者と健康な人のゲノム(全遺伝情報)を解析。両者の間で、4種類ある化学物質の塩基の並び方が異なる場所(スニップ=SNP)を調べ、ナルコレプシー発症と最も関係が高い1カ所を特定した。具体的にはチミンという塩基が、シトシンという別の塩基に置き換わっていると、ナルコレプシー発症の危険性が1.8倍高いことが判明した。

また、このSNPに隣接し、正常な睡眠や脳の働きを担う2種類の遺伝子に注目。シトシンの人は、2種類の遺伝子の働きが低下し、ナルコレプシー発症につながっている可能性が高いことを突き止めた。

日本には約20万人の患者がいると推定されている。発症の詳しい原因は未解明で、治療は対症療法にとどまっている。

研究チームの宮川卓東京大助教(人類遺伝学)は「遺伝子が作るたんぱく質の機能を補う物質を開発すれば、新しい治療薬になりうる」と話す。

【河内敏康】

2019/01/23(水)Gordonママとお茶会お申し込み





01/23(水)Gordonママとお茶会お申し込みフォーム
テーマ《子育ての悩み(離乳食や成長関連など)
 ご自身の健康になどについて 》
その他なんでも。お茶会なので!
・場所 都内
・時間 午前10時or11時 
※決定後、お申し込みの方にお知らせいたします。

お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

新年企画   それぞれ先着15名様に特別価格でご提供中

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S83805987/

最新 No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」
「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする