過敏になる原因の1つに栄養欠損あり・・・?

過敏になる原因の1つに栄養欠損あり・・・?

・何事も過敏になる

・音が気になる

音がうるさいと感じる

音にイライラする

音の強弱や大小にかかわらず驚く

・人の気配が気になる

人の動きが気になる

人が動くと驚く

人とすれ違うとびくっとする

人が急に振り返るとびくっとする

・ちょっとした痛みに敏感

・こだわりがあり自分で納得する状態でないと落ち着かない

物の場所がきちんと決まっていて、少しでも動いていると気になるこうと決めたらその通りでないと納得しない、許せない融通が利かない、柔軟になれない

自分に対しても、他人に対しても例外的なことは認めないその通りに物事が進まない時、自分(他人も)を許せず責める

・些細なことが気になり気難しい

他人はそんなに重きを置いていないことでも、非常に神経質になるどうでもいいことが気になってしまい、気分がふさぐ、いらいらするたいしたことでもないのに他人に対して厳しく、気難しい頑固すぎる

e.t.c. e.t.c. ・・・

あ~こういう人いるいる !!  あー私にそっくり・・・

身内にこういう人いて困っている・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人それぞれの個性や性格などがあるので、これらにすべて栄養が関係しているとは言わないけれど、栄養欠損があった人で栄養療法をしつつ食事も改善して行くにつれ、顔つきも物腰も穏やかになり、今まで上記のような傾向があった人が、おおらかに明らかに変化していく、と言うことはよくあると言う。

まっ、いいか ! この位 ! とか 何とかなる ! とか、今まで細かいところまで気にしていたのが気にならなくなった、と言うようになるのだという。(ずぼらになると言うわけではありません。念のため・・)

これらの話を聞いて、確かに身近にそういう人いたなぁ~と思い出す。

いつのまにか自然になくなっていったこれらの状態。

栄養が影響していただなんて、全く考えもしなかった。けれど栄養が足りてくることで、顔つきも変わるのは本当だった

体調が悪くて治療を進めていらっしゃる皆さん、本当の自分を取り戻すため、気長にあきらめず食事とサプリメントをしっかり摂りましょう!!(特にたんぱく質!)

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする