えっ、新型インフルエンザは新型じゃない??!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 智積院

えっ、新型じゃないの?

今、日本で豚由来のインフルエンザとして流行している「新型インフルエンザ」は「新型」ではないと先日聞いてきて、驚いている。

豚から人に移ったと言うことから「新型」と言ったわけだけれど、ウィルスの型は豚由来「H1N1」で、以前からあるAソ連型を原型していてそんなに変わらない型なのだそうだ。

けれど日本は早々と「新型、新型」と大騒ぎして、実は世界の笑い物になっていると言う。これは感染症の専門家から聴いた話なので、あながちうそでもなさそうだ。

あらぁ~それホント??

そもそも『新型インフルエンザ』と言うのは強毒性の『鳥インフルエンザ』の事を指すのであって、今回の豚インフルエンザは新型でも何でもない、とその専門家は言い切った。

ええっ~

この『そもそも新型インフルエンザ』と言う定義は、鳥インフルエンザのH5N1で、人から人に移っていく物を指すのだそうだ。これは世界中での取り決めで鳥インフルエンザH5N1を『新型インフルエンザ』と呼びましょう、とされているので豚インフルエンザを新型と言っているのはおかしな事だと言う。

『新型インフルエンザ(H5N1)』としての取り決めの中の1つに、感染力が強力なので防御のための消毒時などには成田空港などでみられた宇宙服のような物を着て検疫に当たったことこそがまさに『新型インフルエンザ(H5N1)』に対するものだとか。

新型、と言ってしまったから、新型用の装備になって機内で足止めをして物々しい検疫をしたのだとか。本来、あのような装備は『新型インフルエンザ(H5N1)』のものである、そうだ。

『新型インフルエンザ(H5N1)』であったなら、飛行機の機内であのような検疫をしても、もし感染者が一人でもいたなら、空調設備で機内全体にウィルスが蔓延しているから「ほぼ無駄と言える」・・・・。

「そんなことをしても全員感染していますから」と恐ろしい事実・・・。ただ感染していても、発症するかしないかは感染したその人次第・・。つまり栄養が足りているとか睡眠が足りているとかの基本的な事と共に免疫力が十分かそうでないかによる、とのこと。

あらぁ~そうだったんですか・・・

けれど私は今回の騒動、『新型インフルエンザ(H5N1)』の流行本番に対してはいい予行練習で私達の意識も少しは違ってきたのではないかと思う。

それからスペシャリストが話してくれた事をついでに書く。

    • 感染予防には手洗いを十分にするのは徹底して欲しい
    • うがいに関してはしてもいいけれど、過信しないように
    • マスクは感染予防には全く意味がない、自分のウィルスを他人にまき散らさない為のものとして使うように
    • たんぱく質を中心に免疫力を上げる食事と生活を今から心がける
    • IgA抗体を作って粘膜防御をする(グルタミンとビタミンAで作られる)

フェーズ6ですが・・・

今年の4月に豚インフルエンザとして、豚から人に感染したといってメキシコを発端に大騒ぎをしたのは記憶に新しいところ。

現在フェーズ6・パンデミックで、本当だったら渡航禁止の状態なのだけれど、どの国も守ってはいない。

当時WHOから発表された宣言を元に今に至っている。

世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は、(6月)11日夕(日本時間12日未明)に感染者の大半の症状が軽いことを指摘し、「国境閉鎖や国際的な人・モノの移動制限措置を取るべきでない」と述べ、各国に冷静な対応を求めた。また、世界各地にウイルスが広がってしまっているため、患者隔離など「封じ込め策」より、早期治療を軸とする感染拡大の「軽減策」に重点を移すよう訴えた。

(2009年6月12日01時15分 読売新聞)から一部引用

日本でも死者がじわりじわり増えて、最年少の小学1年生が死亡したとの報道があったばかり。

相変わらず若い世代に感染者が多いらしい。

何故若い世代に感染が多いかと言うのは色々検証されているけれど、原因の1つに実は「貧血」が関わっているというのを栄養療法のスペシャリストが言っていた。これは貧血そのものの捉え方が一般の医療機関と違うため、誰も指摘していないけれど、成長期の子どもの貧血が近年深刻だと言うことからも関係が深いとしている。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

ご好評いただきました《『今日のGIVENCHY100皿記念』WEBセミナー5000円均一祭り》は2020年3月10日に終了しました。

☆WEBセミナー☆
お申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S18620769/

各WEBセミナーのご紹介はこちらから
No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います…

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミ…

No.6 ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

No.7☆2019「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」
今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガをせずにできるためのヒントを詰め込みました。
成長期のスポーツは食事と栄養に十分気を付けなければなりません。
それは「成長+スポーツ」両方に栄養が必要だからです。
そしてケガをした場合は「成長+スポーツ+ケガの修復」とより多くの栄養が必要になります。
ケガをしない工夫も大切。
成長期に気を付けなければならない事もあります。

なにをどう食べるか、どのくらい食べるか、で変わってきます。

子どものスポーツはケガが大人になっても響くようなこともあります。
途中でスポーツをするのをあきらめなければならないことも出てきます。
才能があっても体の不調でいい成績が出せない、伸びない、ということが少しでもなくなるといいな、と思います。

【今後の予定】
順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】
「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】
「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

【栄養素別コンテンツ】
第一弾配信中

《今後の配信予定》
☆アミノ酸について
☆ビタミンA
☆ビタミンB
☆ビタミンC
☆ビタミンD
☆ビタミンE
☆各種ミネラル
☆脂質

テーマのリクエストも受け付けています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする