毒、配ってくるわぁ~!!罪な頂き物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 庭のセロリ

罪な頂き物

特に甘い物が心身共に悪影響が出る、と知ってしまってからは人から頂く物を素直に喜べずしかも食べなくなってしまった。

以前は食べることに多少の罪悪感を持っていたけれど、今はすっぱり割り切ってごくたまにしか食べないようにしている。

これが逆に人に差し上げる物を買い求めるとき、実に困る事になってしまう。

甘い物を好きな人は多い。お菓子全般を好きな人も多い。

手土産にするのには無難だし、和洋問わず種類も値段のバリエーションも豊富。

所が考えてしまう。

持っていく先の方々の中には明らかに甘い物依存や低血糖症の症状を持っている人が結構いるからだ。

だから今では手土産にお菓子は持っていかない事にした。

毒、配ってくるわぁ~!!

私の友人に栄養療法を学びご自分も甘い物を一切摂らないようにしている方がいる。

栄養療法を学び、精製された砂糖を始め小麦粉なども身体にとって有害だと知っているからだ。

けれどその方のご主人は仕事柄、職場でお菓子などの甘い物を沢山もらうそうだ。

一旦頂いてしまうと、食べるわけにもいかないし、まして捨てるとか、近所に差し上げるとか(喜ばれるんですけれどね)心情的に出来ない。

だから私は非常に悩む、と友人に言ったら、何と友人のご主人は非常に割り切っていて、「食べて嬉しい人にはあげる」と言うのだ。

でも、身体に悪いの知っててそうするのも何だか・・・

と私が言ったら、ご主人は『毒、配ってくるわぁ~!!』とまた職場に持っていって少しずつ全員に配ってしまうのだと言う・・・

う~ん・・・なるほど・・・

ふと気がつけば、もう随分前に頂いて賞味期限はとっくに過ぎている和菓子の頂き物があるのを思い出した。(我が家は賞味期限は基本的に気にしないので十分食べられる範囲なのだけれど・・)

食べ物を粗末にするのは忍びないのだけれど、食べて具合が悪くなって病院通いするのも何だから、私の配偶者に見つからない内に処分する事にした。

配偶者は甘い物が大好き。前はよく食べていたけれど、私の監視の目と軽蔑しているような目がうっとうしいらしく、自らもそうそう買ってこなくなった。

たまに車を運転しながら甘い物を食べているらしく、残骸が車の中から出てくる。何だか親に隠れて食べている子どものようだけれど・・・

まだまだ我が配偶者は、砂糖を始めお菓子類を「毒」と言うのは納得していない。

今の配偶者の状態にとって甘い物を普通に摂っていったら多分、少し薄くなってきた髪の毛は更に・・血圧は上がり・・・やや乾燥肌気味が加速し・・・といいことはない。

少しずつ考えを変えてもらうつもり。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする