介護は頑張らない・・・共倒れしないために3-3 介護はシェアするもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

介護はシェアするもの

介護をするときは一人でしないこと。

身内がいるなら話し合いをして出来るだけ分担してもらう、ローテーションを組むなどで誰かが関わっていくことが理想だ。

身内といえども、いや、身内だからこそ色々な事情や問題、悩みはあるだろう。

話にも色々聞いて知ってはいる。けれど介護をみんなでシェアする。

一人の命をみんなでシェアする。という考えを持ち協力する事は大切な事で必要だ。

きょうだいや子どもなどを含む身内がいない場合、一人でやらなければならないことだって多いだろう。

こういう時こそ、躊躇することなく、公的介護を利用するべきだ。公的な機関での様々な相談窓口もある。どこかに相談すること、情報を集めること。これで大分気持ちだけでも違ってくる。

今の時代、色々な情報、方法、つてなどがある。フルに利用するつもりで相談して欲しい。

金銭的に余裕があるなら個人的に人を頼むことも出来る。私の知り合いで24時間専門の人を頼んで介護 を助けてもらっている人もいる。誰もが出来ることではないけれど、一日の内の何時間かだけでも頼んでみるなどの交渉も必要だ。

何をするにも熱意が相手を動かす。あきらめず自分にはどういう事が困っていて、何が足りず、何がしたいのか、何をしてもらいたいのかを明確にしておくことも重要だ。

突然介護が必要になったとき、パニックに陥らず対処し、介護は公的な介護も含めシェアすることが大切だ。

介護は一人で頑張らない、介護は家族や公的な支援を使いみんなでシェアする。

私はこれを提案したい。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする