生活習慣病予備軍 4-4 高校生だけだろうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 庭のエンドウマメ

高校生だけだろうか?

今回、新聞に掲載された生活習慣病予備軍のリスクが高いというデーターは高校生だったが、果たして高校生だけだろうか?

私は幼児から高齢者までのかなりの広範囲で日本人はかなり危ない食生活の状況にあると共に、生活習慣病をはじめとする病気のリスクは高まっているのではないかという感じを持つ。

戦後経済が安定し、急激な経済成長と共に食生活も変わった。戦後食糧事情(生産方法・輸送方法・輸入食材等)が変わってきた。

欧米化したのが問題、とする記述も多く見られるが、これはマイナスの面ばかりではない。

欧米化によって栄養状態は飛躍的に伸びたのも事実だと言える。つまり欧米化すべてが悪いのではなく、食事の内容、摂取する食品の量が問題となる。

寿命も飛躍的に延びた。本来の日本の粗食では、ある意味こんなに寿命は延びなかったのは歴史の資料からも証明されている。

ただ、栄養の摂り方、量に問題が出てきている。

食材が豊富になり何でも食べられるようになった。『飽食の時代』とも言われているから誰も自分たちが栄養が足りなくて具合が悪くなっているとは思わないだろう。

この時代、足りている物は過剰なほど摂っていて、体に必要な栄養(栄養素)は著しく足りない、ということが実はあり得るというのを是非日々の食事を見て見直して欲しい。

また高校生達が食べているであろうスナック菓子、清涼飲料水なども、「食べるな」ということでは決してない。(勿論低血糖症などの困った症状がある人は避けるべき)けれど食べる頻度や量、食べるタイミングなどをかなり気を付けないといけないのは確か。

そして今回調査対象になった高校生ばかりではなく小さい子どもから高齢者まで、もっと栄養の事を知って欲しい。

人間にとって必要な栄養、食べ物をどのように食べたらいいのか?真剣に考えないと、とんでもないことになりそうで怖い。

人生80年と言われる。心身共に健やかに過ごすためにみんなで考えて取り組んでいかなければならない。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする