甘い!! と思った時点でインシュリンは分泌される・・・3-3インシュリンの分泌を抑えながら、エネルギーと栄養を補給する方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インシュリンの分泌を抑えながら、エネルギーと栄養を補給する方法


ヒトは食後約30分-約60分位経つと、血糖値が緩やかに上昇し140mg/dl位
まで上昇する。

正常な血糖調節は、例え甘い物などを沢山食べても、血糖値は200mg/dlを超えないとされている

私は血糖値の変動の事がよく分かっていないときは、正常な血糖調節の場合、食後(約30分-約60分位)いつも血糖値が140mg/dl位まで上がるものだと思っていた。

つまり簡単に言ってしまうと、何か口に入れて食べれば140位まで上がってしまう、と思っていた。

(もちろん精製された炭水化物(糖質)や甘い物はその都度この位まで上がるけれど・・)

ところが食べたものの内容によってここまで血糖が上がらないことを知った。

これは繰り返し書いているし、8月に行われた『脳と栄養のシンポジウム』で江部先生が詳しくおっしゃっていたように、血糖値を急激に上げるのは糖質だけ、なのであってたんぱく質や脂質は血糖が上がるのに時間もかかるし(ゆっくり、緩やかに変動する)上がり方も少ないのだ。

血糖調節異常(低血糖症)の人にとって、調節異常のタイプによるけれど、血糖値を上がりすぎないよう、下がりすぎないよう、上がったり下がったりを頻繁に繰り返さないようにする事が心身の状態をよりよく保つポイントになる。

食事をした後、これも人によるけれど時間くらいしたら補食(軽食とか間食とも言う)を摂る事を指導される。

そしてさらに時間だったらまた補食を摂る。そして次の食事時間を迎える。と言ったように、端から見ればしょっちゅう何か口に入れている印象を受けるかも知れない。

つまりこの補食こそが今まで足りていなかった栄養の補給にもなるし、血糖値を安定させることでエネルギーも同時に安定させる事となる。

この時の補食の内容はたんぱく質中心。炭水化物や甘い物は食べない。

補食の時に、ぐっと血糖値を上げてしまう物を食べては意味がない。

インシュリンが最低限しか分泌されない『たんぱく質』『脂質』を摂ることが必要だけれど、栄養療法では特にたんぱく質の摂取が勧められる。

血糖値が安定するだけではなく、生体の諸々の働きに必要なたんぱく質は血糖調節異常(低血糖症)の人にとって、普通より多く必要とされるからだ。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする